【事件簿に登載されなかった事件(その0)】

この事案はさきほど終結に至ったものです(要旨のみのご紹介。)。
(※この記事は、サイト「動物の愛護と防災・猫の見守り」のコラムとのクロスポストになります。)

2019年12月21日(土)
 13:30依頼人(以下「通報者」)から、交通事故に遭ったとみられる猫について通報があった。話が堂々巡りとなり仔細判明しないため、通報者所在地に最も近い獣医師を特定した後、猫用ケージ等を用意し臨場する。猫は両足から出血、ぐったりしていたが意識はあった。近づくと威嚇しながら逃げるので、十数分、通報者とともに様子をみながら持参したケージに入ってもらう。獣医師に急患の旨連絡し、通報者には、本件は事件簿に登載しない旨伝え、連れていく。
 15:35、動物病院着、獣医師とともにマイクロチップの装着を含め、猫から飼い主に関する情報を探したが見つからず。
 15:55、12/23(月)に当該病院に出向くこと、その間、獣医師は止血及び痛み止めの治療を行うことを取り決め、帰還。

2019年12月23日(月)
 09:40、事務所に獣医師より、当該猫がさきほど息を引き取ったとの連絡を受ける。その旨を通報者に伝える。
 10:55、通報者とともに動物病院を訪れ、経過をうかがった。皆涙止まらず(通報者、獣医師、当職)。でも、冷たい外の通路で一人死んでゆくのではなく、少なくとも3人の人間が関わり、暖かい病院で息を引き取ることができたことは本人(本猫)にとって幸いだったのかもしれない。
 11:10、本事案を終結させた。

2019年12月23日