ニュース一覧

文化庁委託事業オーファンワークス実証事業シンポジウム(第2年度)が開催されます。

著作権者が不明の著作物を利用(出版、デジタル化など)しようとする際、文化庁長官の裁定を受けることができますが、申請手続の負担が大きいため問題解決に向けて文化庁の委託により実証的な検討を行ってきた第2年度目の成果報告としてシンポジウムが開催されます。

文化庁委託事業オーファンワークス実証事業シンポジウム
オーファンワークスと裁定制度・その未来とは?
 ~実証事業の成果を受けて望ましい事業、制度を展望する~
■ 日 時 2018年3月9日(金)14:00~16:30
■ 会 場 渋谷けやきホール(古賀政男音楽博物館1F)
     東京都渋谷区上原三丁目6-12  地図
     ※小田急線・東京メトロ千代田線 代々木上原駅下車 徒歩3分(駐車場はありません)
■ 主 催 オーファンワークス実証事業実行委員会
■ 参加費 無料
■ 定 員 先着 200名様

2018年02月26日

著作権教育シンポジウムが開催されます。

近年の目覚ましい技術革新で国民すべてが著作物の創作者となったといえる昨今、自身の保有する著作物の保護や思わぬ著作権侵害のトラブルを未然に防ぐためにも著作権についての基礎的な知識は必要不可欠です。こうした現状に着目し、日本行政書士会連合会は、著作権普及啓発事業の一つとしてシンポジウムを実施することとなりました。

著作権教育シンポジウム
■ 日 時 2018年2月28日(水)13:00~16:30
■ 会 場 イイノホール&カンファレンスセンター「RoomA」
https://www.iino.co.jp/hall/access/
■ 参加費 無料
■ 定 員 170名様

2018年02月26日

準デジタル・アーキビスト資格を取得しました。

当事務所代表行政書士 高橋 輝 が、準デジタル・アーキビスト資格を取得しました。司書系の資格としては、学校図書館司書教諭、図書館司書に次いで3資格目の取得となりました。準デジタル・アーキビストは、図書館等の資料のうちデジタルアーカイブズに係る各種情報の記録、管理や必要な情報を取り出すことができ、著作権を含む知的財産処理の能力を有し、情報提供等に責任をもって対処できる専門人材です。

2017年07月13日